Monthly Archives: 6月 2013

中の橋 箱入り三日月

老朽化が進んでいた中の橋が‘お色直し’(4月中旬から通行止め。橋の上に作業小屋を作っての作業。工事というより地道で高い技能を要する木工仕事)をして20年ぶりに蘇った。 真新しい木の香りを放ち、色もかなり明るくなって(これ … Continue reading

Posted in 金沢迷宮庭園 | 中の橋 箱入り三日月 はコメントを受け付けていません。

兼六園 時代重ね

兼六園は長い年月をかけて、歴代の藩主の様々な思惑によって時々の作庭が施されてきた。(明治時代、時の市長邸宅の庭として整えられた箇所もある)なので広い園内各所に見所が豊富に点在し、回遊には誠に事欠かない。 同時に「何世代に … Continue reading

Posted in 金沢迷宮庭園 | 兼六園 時代重ね はコメントを受け付けていません。

広坂緑地 水無月夕景

湿度の高い日が続く6月は、淡い春の空とは打って変わって、鮮やかで滲んだ深い色彩の夕暮をしばしば迎える。 旧県庁の一部を活かしつつ巧みに見事に環境を整えた「しいのき迎賓館」その周りの広坂緑地は夕暮を眺めるにも最適な場所。 … Continue reading

Posted in 金沢迷宮庭園 | 広坂緑地 水無月夕景 はコメントを受け付けていません。